コード:ドラゴンブラッド」や「蒼藍の誓い – ブルーオース」などが配信開始!

4月9日の新作無料アプリゲーム情報。

テンセントによる超絶グラフィックのMMORPG「コード:ドラゴンブラッド」や、艦これ+アズレン+3Dの「蒼藍の誓い – ブルーオース」などが配信開始!

新作無料アプリゲーム情報

1.蒼藍の誓い – ブルーオース

艦これアーケードのような、3D戦姫リアルタイム海戦RPG。

艦これ+アズレンのようなゲームシステムに、ふんだんなボイスにキャラクターのクオリティの高いグラフィック、ヌルヌル動くバトルなど、かなりリッチなゲームになっている。あとは、アビス・ホライズンのような問題が起きなければ良いんだけどね。

ストーリーをまともに読むと戦姫のガチャにたどり着くまでかなり時間がかかるのと、アプリの容量が2GB超えてるので注意。

ARモードが見えないとこまで見える神仕様なのが素晴らしい。

「蒼藍の誓い」海戦バトル動画

 

2.絵師神の絆

手塚治虫の漫画のキャラクターたちを美少女化した、手塚プロダクション公認のRPG。

手塚治虫のキャラの美少女化とかどうなのよ?と思ったが、見た目が原作のイメージとはかけ離れすぎているため、全くの別物として見ることができるから、そんなに気にならなかったな。

ゲームは、ターン制のコマンドバトルRPGで、オートモードにスピードアップもあり。キャラがよく動くしボイスがふんだんに使われているし、演出も悪くない、と、美少女もののRPGとしてはクオリティが高い。

ただ、肝心のキャラクターたちを手に入れるために鬼畜な欠片集めを強いられることになる。

『絵師神の絆』オープニングムービー

 

3.コード:ドラゴンブラッド

テンセントによる、自由度の高いハイクオリティなグラフィックのMMORPG。基本システムはいつもの中韓産MMORPGのようなシステムかな?とりあえずクエストをタップして、ガンガン進めていくタイプのようだ。

細かいキャラメイクに、フルボイスのストーリーなど、スマホゲームとしてはかなりのクオリティの高さ。

ただ、Androidではアプリダウンロードに1.43GB、総容量が約5.6GBとスマホゲームの容量じゃないレベルということもあり、ゲームの内容以前にアプリの容量が大きすぎてプレイを断念する人が多そうだ。

1920 1080 google2

 

4.Sonar Smash

ピクセルアートで作られた、イルカが主人公のインベーダーゲーム風STG。

タップか長押しでソナーを発射し敵を撃墜。たまに落とすリングを集めて、一定ステージごとにパワーアップしていく。

ピクセルで作られたイルカのビジュアルなど、センスを感じるゲーム。

Sonar Smash Launch Trailer

 

5.ガンバード クラシック

mobirixによる、『ガンバード』をそのまま移植したSTG。操作性は悪くなく、昔のSTGそのままだがなめらかにプレイできる。

この手の昔のSTGってたまに無性にプレイしたくなるよね。

GUNBIRD classic
タイトルとURLをコピーしました