SAO アリシゼーション・ブレイディング や Minecraft Earth(早期アクセス版) など4本が配信開始!

11月20日の新作無料アプリゲーム情報。

バンナムによる『SAO アリシゼーション』のスマホゲーム「ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング」や、「Minecraft Earth」の早期アクセス版など4本が配信開始!

スポンサーリンク

新作無料アプリゲーム情報

1.ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング

バンナムによる「SAO アリシゼーション」のスマホゲーム。アリシゼーションのアニメを追体験していくストーリーで、ボイスもふんだんに使われている。

ただ、キャラクターのモデルが、メモデフのキャラを拡大してそのまま貼り付けたようなバランスに違和感を感じるモデルで、それが紙芝居のような動きをするという酷い有様。最初のキャラの動きでもう笑える。

バトルはコマンドバトルだが、こちらも紙芝居というか昔ながらのバンダイのキャラゲーのような演出で苦笑いしか出ない。

チュートリアル後のダウンロードで1GB以上要求されるので注意。久々に酷いバンナムのキャラゲーを見たな。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング」第1弾PV

 

2.Minecraft Earth (早期アクセス)

以前から話題になっていた、マインクラフトのARゲームの早期アクセス(ベータ)版。現実世界を舞台に建築を楽しめる。

プレイにはマイクロソフトのアカウントによるログインが必要。

Minecraft Earth: Official Reveal Trailer

 

3.萌酒ボックス

全国50以上の酒蔵が協力により様々な日本酒の銘柄を擬人化した、ダンジョンメーカー風バトルのRPG。

特徴的なのが、酒造りで酒を造りそれを奉納することで新しいキャラが入手できるというもの。造った酒の品質でガチャで手に入るキャラのレア度が決まる面白いシステムになっている。

全体的にチープながらシステムは凝っていると思う。サーバーが弱いのかダウンロードが遅いのが難点。

萌酒ボックス(13キャラクター紹介PV)

 

4.錬神のアストラル

アクワイアが開発を担当した、サービス開始が「FFBE幻影戦争」と同日だったため影に隠れてしまった悲しみのゲーム。

ゲームは、フィールド上にユニットを配置し敵を攻撃。同じ色や大きさのユニットを重ねることで強力なユニットになっていくと、パズル色の強い対戦型ゲーム。

シナリオにペルソナ1~2の里見直、音楽に光田康典・下村陽子・土屋昇平など錚々たるメンバーが集結と、かなり豪華な作りで、アクワイアらしい刺さる人には刺さるゲームになっている。

初回ダウンロードで1.6GB要求されるので注意。

【錬スト】ゲーム紹介動画
タイトルとURLをコピーしました