スイッチ版 白猫プロジェクトの開発を発表!”Identity V”などが配信開始など。ゲーム関連記事のまとめ(7/9~7/15)

ゲーム関連記事のまとめ(7/9~7/15)

“Nintendo Switch”版 白猫プロジェクトの開発を発表!「ディスガイア」と「夜廻」がスマホゲーに!「Identity V」や「Skullgirls」などが配信開始など。

スポンサーリンク

ゲーム関連記事のまとめ(7/9~7/15)

1.”Nintendo Switch”版 白猫プロジェクトの開発を発表!

スイッチ版の白猫Pの開発が話題というよりは、任天堂に訴えられているコロプラがスイッチに参入するという驚きのほうが話題となった。

和解したのかと思ったが、日経新聞によると「ゲームソフト販売と訴訟は別だ」と任天堂の広報が説明しており、特に和解したわけではなかったようだ。

まあ、あくまで開発の発表なので、訴訟次第では中止とか無期延期とかになりそうな気もするが…

Shironeko New Project(仮)(公式サイト)

コロプラ、主力スマホゲームを「スイッチ」に(日本経済新聞)

Shironeko New Project(仮)トレーラームービー

2.「ディスガイア」と「夜廻」がスマホゲーに!

日本一ソフトウェアが、『魔界戦記ディスガイア(仮)』と『夜廻』をiOS/Android向けアプリとして配信することを発表した。

ディスガイアは、基本無料で、シャンルはシミュレーションRPG、開発は日本一ソフトウェアとフォワードワークス、配信はフォワードワークスになる。

夜廻は価格が未定ということから売り切りゲームの可能性が高い。こちらは開発配信ともに日本一ソフトウェアになっている。どちらも配信時期は未定だ。

そのうち事前登録始まるかな?

『ディスガイア』と『夜廻』がスマホアプリ化!水橋かおりさんも思わず「また廃人生活かぁ…」(インサイド)

「魔界戦記ディスガイア(仮)」ティザーPV第一弾

3.WONDER BLOCKS Original Sound Track 2 発売!

“WONDER BLOCKS Original Sound Track 2″が突然の発売。一応、公式Twitterではサントラに関して一ヶ月ぐらい前に少しつぶやいていたが、予約もなく突然の発売には驚いた。

まあ、シリコンがスマホゲーから撤退決めたりと色々と大変そうだから、サントラがでただけでもありがたいか。

収録曲は、有料売り切り版になって追加された新曲やボーナストラックまで含めた全13曲が収録。iTunesやamazonなどで1曲からでも購入可能。試聴もできる。

WONDER BLOCKS Original Sound Track 2 が販売開始!ボーナストラックまで含めた全13曲を収録!

4.THE KING OF FIGHTERS : ALL STAR が7月26日にサービス開始!

公式Twitterにて、サービス開始が7月26日に決まったことを発表した。24日よりプレオープンが開始され、グランドオープンが26日より開始の予定。

プレオープン期間中はβテストのように、緊急メンテやデータの微調整などを行う可能性があるようだ。

THE KING OF FIGHTERS : ALL STAR が7月26日にサービス開始!24日よりプレオープンも開始!

5.アビス・ホライズン 訴えられる

分かってたけど、思ったよりも行動が早かったな。中華版艦これアーケードと言われた「アビス・ホライズン」に、セガとC2プレパラートが「日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立て」を行った。

他の艦これ系と違ってほぼ丸パクリなゲームということもあり、配信停止になるのは時間の問題かと思われるが、ギリギリまで配信して少しでも稼ごうとするだろうね。開発費かなりかかってそうだし。

「アビス・ホライズン」に対する配信等差止仮処分命令申立てについて(公式サイト)

6.スクメロ サービス終了

スクエニによるスクールガールストライカーズのリズムゲーム「スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~」が9月13日にサービス終了することを発表した。サービス開始は2017年8月31日なので、約1年1ヶ月の寿命となる。

サービス終了後は一定のゲームデータを引き継いで楽曲をプレイできる「保存版アプリ」を配信するとのこと。

あまりプレイしてなかったが、Twitterなどで見ると「妥当」とか「むしろよくもった」という声があるみたいだね。。

【重要】運営サービス終了のお知らせ(9/13)(公式サイト)

【予告】保存版アプリへのアップデートについて(公式サイト)

先週の新作ゲーム

先週の話題作は、「Identity V」、「Skullgirls」、「戦国アクションパズル DJノブナガ」、「ウォーキング・デッド:我らの世界」といったところか。

「Identity V」は、Neteaseによる”Dead by Daylight”の開発スタッフにより作り上げたスマホ版”Dead by Daylight”と言ってもいいゲーム。ゲームのクオリティが高く操作性も良い。ゲームに登場するキャラクターが人形に変わっているので、DBDほどの殺伐感はないが、ダークな雰囲気はしっかり再現しているし、血しぶきなどが苦手な人でもプレイしやすいのは良い。

ポケモンクエストと同日配信だった予定が延期となり、11日に配信開始した「スカルガールズ」のスマホ版「Skullgirls」。タップやスワイプなどスマホでも操作しやすいゲーム性に、ヌルヌル動くアニメションで派手なアクションを決めてくれる気持ちがいい格闘アクション。キャラデザもいいし、これは楽しい。

スクエニによる、グルーブコースターを作った「石田礼輔」氏による、サウンドプロデュースとして「中田ヤスタカ」氏が担当、キャラデザとして「田中秀幸」氏が担当など、制作陣に豪華スタッフを起用した、ソーシャルパズルバトルゲーム「戦国アクションパズル DJノブナガ」。いまいち不評だが、個人的には結構好き。

怒涛の勢いで流れてくるパズルピースに、テンションを上げる音楽など、派手な演出のパズルバトルとして楽しめる。というか、ガチャや強化などのソシャゲ要素が面白さの邪魔をしてるんだよな。キャンディクラッシュのように純粋なパズルゲームで出したら良かったのに。

ゾンビGO!こと「ウォーキング・デッド:我らの世界」。タイトルの通りウォーキング・デッドの位置情報ゲーム。各スポットに出現したゾンビを倒し、サバイバーを救出、ヒーローユニットを手に入れて一緒に戦ったりもできる。グラフィックのクオリティも高くて楽しめるが、やはり若干もっさりするな。

それ以外でのお薦めは、

11日の記事より
Hotel Transylvania: Monsters、Idle Apocalypse

12日の記事より
Trade Island

13日の記事より
I’m Ping Pong King 🙂

がお薦め。

映画「モンスター・ホテル」のパズルバトル「Hotel Transylvania: Monsters」など5点。新作無料スマホゲームアプリ情報 (7/11)

Identity V、スカルガールズ、戦国アクションパズル DJノブナガ などが配信開始。新作無料スマホゲームアプリ情報 (7/12)

ウォーキング・デッドの位置情報ゲーム「ウォーキング・デッド:我らの世界」など。新作無料スマホゲームアプリ情報 (7/13)

スポンサーリンク
スポンサーリンク