オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 dda334d2
“オーダー&カオス2:リデンプション”の基本システムを解説。
今作は前作と比べて、ストーリーやイベントの演出に力が入っているので、色々なクエストを見て回るのが面白い。

それと、課金する時はビギナーズパックを買うのがお得。240円のルーンじゃあまり効果はなかった。

この記事の情報は、バージョン1.0.4aでの情報です。

※ダウンロードの際はAppStoreにて価格をご確認ください。

スポンサーリンク

オーダー&カオス2:リデンプション 基本システム

ダウンロードはこちら(iTunes)から

序盤のプレイのコツはこちら

クエスト

クエストの種類はメインクエスト・サブクエスト・ショートクエストの3種類。

メインとサブクエストはフィールド上のチェックマークのついたNPCなどから受ける。

ショートクエストは、クエストを受注しなくてもショートクエストが発生している地域に行くと自動的に受注する。

ショートクエストで獲得できる経験値量は、ユニットのレベルに依存しているので、高レベルなら序盤の街でのショートクエストでも1万以上の経験値が手に入る。

クエストをクリアする時はビガーを消費してクリアする
ビガーはクリア時に必要なので、ビガーが無くてもクエストを進行することは可能。

クエストはメインの街や村などで受けれるが、街道から離れた場所にある建物や、街道の行き止まりなどにもNPCがいてサブクエストを受けることができたりする。

クエストが無くなったら、マップを開いて色々怪しそうな場所を探索してみよう。

チェックマークがついてるけど、グレー表示になっている時は自身のレベル不足
ショートクエストをクリアして経験値を稼ごう。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2-system-Image002

ビガー

ビガーはスタミナのようなもので、ノーマルビガーとダブルビガーの2種類がある。
ビガーの残量は、左側メニューのキャラクター画面の詳細で確認できる。

ノーマルビガーは通常のスタミナ。

ダブルビガーはレベルアップ時にノーマルビガーの総量の2分の1を手に入れることができ、
ダブルビガーを使用したクエストクリアでは経験値が2倍貰える。

ビガーは、ダブルビガーを優先して消費する。

ビガーの回復手段は、AM4:00にフル回復、ルーン(課金石)による回復。

ルーンによる回復は、課金して”H.E.R.O.”レベルを上げると、ルーンでの回復回数が増えるが、無課金だと回復回数が”0″なのでルーンを持っていても回復できない。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2-system-Image001

種族と職業

職業については好みで選んで良いというか、どの職業も使い方によっては強い。
どうせ、今後のアップデートでいろいろバランス調整が入るだろうし。

種族は、種族毎に”種族スキル”が設定してあるので、
職業を選ぶ時は、種族スキルと相性の良い職業を選びたい。

種族スキルは、

  • エルフ:クリティカル率が2%増加
  • ヒューマン:防御率が2%増加
  • メンデル:抵抗力が3%増加
  • オーク:体力が3%増加
  • クラタン:防御力が3%増加

まあ、オークのメイジや、エルフのタンクを作ったりしなければ、問題ないかな。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2-system-Image003

継承武器

序盤で手に入る継承武器。
鍛えていくことで、かなり強力な武器になる。

但し、強化素材は簡単に手に入るが、ランクアップ素材がなかなか手に入らない上に、必要な数も多い。

なので、レベルをカンストさせてから鍛えるのが良いかも。

入手方法は序盤のクエストとロトから入手できる。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 OC2-Nikki03-Image002

クラフト

クラフトは、ダンジョンなどで手に入れた素材を使って防具やアイテムを作ることができる。

しかし、素材を入手できるダンジョンの難易度の高さや装備を作るまでの素材の多さに、殆ど使用することがないシステムになっている。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2-system-Image004

ダンジョン

ダンジョンはドリームとクラシックの2種類。

ドリームはソロ専用ダンジョンで、曜日毎にクラフト素材や継承武器のランクアップ素材が手に入るが、手に入る数が少ない。
ドリームダンジョンはドリームビッツを消費して挑むが、1日3回分しか無い。

クラシックダンジョンは、一定レベル毎に開放される、4人編成のパーティーで挑めるマルチプレイ専用ダンジョン

クラシックダンジョンでは、クラフト素材や色々な装備品にゴミ同然のアイテムなど、多数のアイテムが手に入る。

クラシックダンジョンは、ボスごとに疲労度が設定してあり、疲労度がマックスになるとダンジョンに挑むことができなくなる。

難易度が高く、安定して周回するには、ダンジョン開放レベル+5レベルで、装備もそのレベルに合わせた装備をしていないと、かなり厳しい。

例えば、”忘れられた坑道”の開放レベルはレベル15なので、
安定して周回するにはレベル20にして、レベル20で装備できる装備で身を固めていないと安定してクリアできない。

しかし、”レベル+5″で挑む頃には、そのダンジョンで手に入る素材は必要無いので、たまにあるダンジョンランキングで挑むぐらい。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2-kouryaku02-Image001

ワールドボス

特定にフィールドで、特定の時間に出現するワールドボスと中ボス。
ワールドボスを倒すと宝箱が出現し、レジェンダリー武器などを手に入れることができる。

ワールドボスは出現する時間と場所、レベルが設定してあり、ドロップする武器もボスのレベルと同じレベルになる。

ボスの出現地域や時間については、Lobiで解説しているプレイヤーがいるので、確認しておこう。

オーダー&カオス2:リデンプション 攻略+解説、その2。基本システムの解説。 oc2_Nikki-Image002-1

関連リンク

ダウンロードはこちら(iTunes)から

オーダー&カオス2:リデンプション 公式サイト

Gameloft 公式Twitter

スポンサーリンク
スポンサーリンク