フォース(札束)で殴り合うクラロワ式MOBAの「スター・ウォーズ:フォース・アリーナ」が配信開始など。ゲーム関連記事のまとめ(1/9~1/15)

先週のゲーム関連記事のまとめ。

Netmarbleによる「スター・ウォーズ:フォース・アリーナ」が配信開始に「MARVEL Future Fight」にアイアンハートが参戦など。ゲーム関連記事のまとめ(1/9~1/15)

スポンサーリンク

ゲーム関連記事のまとめ

先週は、年明けすぐだしろくな新作はないだろうと思ったら、大物がやってきました。

Netmarbleによる「スター・ウォーズ:フォース・アリーナ」

ハイクオリティなグラフィックで作られたMOBAで、見た目から”Vainglory”風かと思ったら、ほとんどクラロワなゲームシステムのMOBAだった。

変わってる点は、クラロワのようにタップした位置から兵隊が出撃ではなく、ステージ内を自由に動けるヒーローユニットが起点となって兵隊が出撃すること。

なので、適切な位置に兵隊を配置しようと思ったら、まずヒーローユニットをその位置まで動かしデッキにセットしたカードをタップする必要がある。

当然、ヒーローユニットが倒されれば兵隊たちは全く出撃できないので、ヒーローユニットの立ち回りが重要だ。ここまでは良いし面白い。

問題は、それ以外のゲームシステムが全てクラロワ式。

カードパックを引いて同じカードを集めて合成しレベルアップ。ランクに応じて手に入るカードが変わってくるのも、対戦ボーナスのカードパックを開けるのに馬鹿みたいに時間がかかるのもクラロワと同じ。

まさに、フォース(札束)を持たざるものは戦いの土俵に上がることができない厳しいゲームである。

バトルに負けてもカードパックは手に入るので、無課金や微課金でも時間をかければ強くなれるが、対戦オンリーのゲームでひたすら負け続けるのに我慢できる人はいないと思う。

ただ、タイ・ファイターやX-Wingの爆撃にパルパティーン皇帝の電撃攻撃など迫力のあるバトルが楽しめるので、スターウォーズファンなら一度はプレイしてもらいたい。

そして、同じくNetmarbleによる「MARVEL Future Fight」がVer.2.8.0にアップデート。

新しいユニットとして、話題となった新しいアイアンマンの主人公、黒人少女のリリ・ウィリアムズこと「アイアンハート」が登場した。

攻撃モーションがまるで日本のロボットアニメのような格好良さで、モーションを眺めているだけでも十分楽しめる。

ただ、「アイアンハート」は課金キャラで無課金では絶対手に入らないので注意。

まあ、「MARVEL Future Fight」をプレイしているのはMARVELファンがほとんどだろうから、好きなキャラが出たら課金するだろうし特に問題はないかな。

使えないと分かっててもお気に入りのキャラやコスチュームがでたら迷わないしな。

あ、「アイアンハート」はかなり強いらしいですよ。

後は、スマホの容量の関係でアンストしてしまったが、チュートリアルをプレイした感じはかなり楽しめそうな「Gates of War」は、気になったらプレイしてみても良いかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク