「ポポロクロイス物語」などが配信開始したが「アーケインストレート」ばかりプレイしていたなど。先週のゲーム関連記事のまとめ(5/7~5/13)。

SNKが”NEOGEO mini”を発表。「ワンダーブロック」の売り切り版が配信開始。「ポポロクロイス物語」などが配信開始したが「アーケインストレート」ばかりプレイしていたなど。

先週のゲーム関連記事のまとめ(5/7~5/13)。

スポンサーリンク

ゲーム関連記事のまとめ(5/7~5/13)

1.”NEOGEO mini”を発表!

SNKは5月10日のプレスリリースにて、SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini」を発表した。

3.5インチの液晶と一体化したアーケードのゲーム機をミニチュア化したようなデザインで、ディスプレイに繋がなくても、それ単体でプレイ可能になっている。

収録タイトルは不明だが、40作品を収録するとのこと。詳細が分かり次第記事にします。

SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini」を発表!「NEOGEO」の名作・傑作タイトルを40作品内蔵!(公式サイト)

2.”Steam Link”のスマホアプリが登場!

“Steam Link”は、Steamのゲームをテレビなどにストリーミングして、PCだけじゃなくリビングでくつろぎながらテレビでプレイするということも可能なハードウェアだが、そのスマホアプリ版が登場した。

配信開始予定は5月21日。一応、メインのPCと有線かWifiで繋がってないといけないみたい。

スマホはあくまでディスプレイ扱いで、操作はコントローラーが必要らしく、スマホ単体でのプレイは無理のようだ。

“Steam Link”スマホアプリ版が5月21日配信予定。母艦PCのゲームをストリーミングしてiOS/Android上で遊べるように(ファミ通)

3.「ワンダーブロック」の売り切り版が配信開始!

未だに根強いファンが多いことに気付かされたシリコンスタジオの「ワンダーブロック」が、480円の売り切り版となって配信開始した。

配信開始したのは5月7日だが、この記事を書いている5月14日現在でも、iOS/Android両方の有料ゲームランキングで上位に付けており、シリコンスタジオのゲームの中では一番人気がでてるんじゃないかと思ったりする。というか、他のシリコンゲームが酷すぎるだけだが。

こんな復活を見てると、ヴァルハイトライジングも売り切りで復活しないかなー。でもバンナムだし厳しいかなー。

シリコンスタジオによる「ワンダーブロック」の売り切り版 が配信開始!価格は480円!

4.「テラウォーズ」のクローズドβテストの募集が開始!

そういえば作ってたミストウォーカーによる新作「テラウォーズ」のクローズドβテストの募集が開始した。募集期間は5/24(木)12:00までとなっていて、公式サイトから応募が可能。対応端末はAndroidのみとなっているので注意。

クレイアニメを使ったストラテジーだったっけ。

公式サイトに”MISTWALKER”だけじゃなく”ARZEST”の名前も表記されてるが、そういえば、”ARZEST”による『BOOST BEAST』が面白いって昔どこかの生放送で言ってたような気がする。

テラウォーズ 公式サイト

5.”PUBG MOBILE”の日本版が5月16日より配信開始。

日本版の“PUBG MOBILE”が5月16日より配信開始することを正式に発表した。配信開始日を発表した効果なのか、事前登録者数が100万人を突破。新たな補給物資が追加された。

そういえば、5月16日はnetmarbleの「アイアン・スローン」が配信開始だし、PCでは「MU LEGEND」がサービス開始だったよね。他にも新作ゲームがいくつか被りそうだな。

PUBG MOBILE の日本版が5月16日より配信開始することを発表!事前登録もまだまだ受付中!

先週の新作ゲーム

先週の話題作は、「ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛」、「妖怪ウォッチ ゲラポリズム」だが、一番プレイしていたのは、「なめよん ~なめこの脱出ゲーム~」と、「アーケインストレート: 召喚された魂」。

まず「ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛」は、ストーリーのボリュームがかなり多く、ストーリーも悪くないんだが、配信当日には同じセガによるオルタンシア・サーガのシステムの流用ということが分かり、時代遅れのギルドバトルも実装してあることから、レビューの評価が酷いことになっている。

自分はポポロをリアルタイムでプレイしていたオッサンだが、昔のストーリーなんてなんとなくでしか覚えてないから、ストーリー自体に文句はあまりない。というかストーリー以外楽しむ要素がない。ビジュアルも絵本のようなビジュアルが良かったのに、そんな要素はないし、セガのソシャゲは本当にダメだな。サクラ大戦はどうなることやら。

延期が続いてやっと配信開始した「妖怪ウォッチ ゲラポリズム」は、基本無料だが課金前提のゲーム。といっても格安で追加キャラクターが手に入るなど、かなりリーズナブルに思える。ソーシャル要素もないし、自分のペースでじっくり遊ぶことが可能だ。

そして、短時間で終わるが楽しい脱出?ゲーム「なめよん ~なめこの脱出ゲーム~」。脱出ゲーム要素は最後ぐらいか?なステージで様々なミニゲームをクリアしていく。ゲームのヒントも動画広告で見れるし、世界観もなめこの世界観というかハップさんの「なんでこうなる?」的なシュールな世界観で作られていて面白い。2~3時間もあればクリアできるかな?いい暇つぶしになるゲームでお薦め。

最後に、土日ずっとプレイしていた「アーケインストレート」。韓国産の変わり種カードゲームでどこかで見たようなピクセルアートのキャラクター達に、韓国産らしい色々な課金要素、ところどころ不具合があるゲームシステムなど、ツッコミどころもあるが、バトルが面白くてあまり気にならない。

基本はポーカーベースでペアなどの役を作ることで、攻撃力が上がり敵を攻撃していくもの。ただ、合わせる要素が、属性・武器・種族とあり、さらに、敵との属性効果にリーダースキル効果なども合わさったりと、かなり戦略性の高いバトルが楽しめる。

例えば、キャラクターの基本攻撃力が20ぐらいしかないのに、三種の属性による属性ストレート(アーケイン)+3種の武器種によるストレート+有利属性+リーダースキルやパッシブスキルによる攻撃力の上乗せにより、敵へのダメージが800オーバーまで跳ね上げることもできる。

ポーカーベースなので運要素も強いが、戦略性の高いバトルが楽しめるゲームになっている。まあ、そのかわり1戦1戦が疲れるけど。

5月8日:ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛、どこでもドラゴン、なめよん ~なめこの脱出ゲーム~、Taptap Heroes、HAWK – シューティングゲーム

5月11日:妖怪ウォッチ ゲラポリズム、女神にキスを〜Goddess Kiss〜、マッチング・アース-Age of Jewels、勇者がいっぱいあらわれた!、アーケインストレート: 召喚された魂

スポンサーリンク
スポンサーリンク