「テラバトル2」を正式に発表。「ダンメモ」「プロジェクト東京ドールズ」「ファイトリーグ」などが配信開始など。ゲーム関連記事のまとめ(6/19~6/25)

ミストウォーカーが「テラバトル2」と「テラウォーズ」を正式に発表。Aimingの社員が逮捕。「ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜」、「プロジェクト東京ドールズ」、「ファイトリーグ – Fight League」などが配信開始など。

ゲーム関連記事のまとめ(6/19~6/25)

スポンサーリンク

ゲーム関連記事のまとめ

坂口博信氏のミストウォーカーが「テラバトル2」と「テラウォーズ」を正式に発表し、公式PVも公開した。

以前から出る出ると言われていたテラバトル2。過疎ゲーのテラバトルの続編とかどうなのよ?と思っていたが、公式PVの世界観の素晴らしさに引き込まれ、一刻も早くプレイしたくなった。

ファミ通やミストの公式生ではゲームシステムも紹介。テラバトルにダンジョン探索のようなシステムが加わった、かなり自由度が高いゲームになっている。

配信予定は今夏と言っているが、まだ正式なアナウンスはしていない。テラウォーズはビジュアルイメージだけでどの端末に対応するかすら分かっていない。

坂口博信氏のミストウォーカーが「テラバトル2」を正式に発表!公式PVも配信開始!
坂口博信氏のミストウォーカーが、テラバトル2を正式に発表!本日(6/2...

「剣と魔法のログレス いにしえの女神」のゲームアカウントを不正に取得しRMTサイトで販売していたとして、運営をしているAimingの社員が逮捕された。

被害に遭われたお客様に対しては速やかに措置を検討し、改めて弊社らホームページ上でご連絡を申し上げるとのこと。

まあ、オンラインRPGの老舗なので、長い運営の間に色々と管理が甘くなってた部分もあるのだろう。このような自体が再発しないことを願う。

弊社従業員の逮捕に関するお知らせ

『剣と魔法のログレス いにしえの女神』の不正アクセスの件

スクエニの迷走しまくってた「ぐるモン」が、やっとサービス終了を発表した。サービス終了は9月20日、サービス開始したのは11月なので約10ヶ月の命となる。

配信開始前はポケモンGOのパクリか?と予想されていたが、ただのソシャゲで音楽とビジュアル以外の目立ったところがない典型的なスクエニのソシャゲだった。

しかし、何を血迷ったのか大型アプデでポケモンGOのパクリゲームと化し、失笑を買うことになった。

スクウェア・エニックスの製品やサービスについてのサポート情報やよくある質問を掲載しています。調べたいことや困ったことについて、FAQ形式でお客様の疑問を解決する総合的なサポートサイトです。

モンストのXFLAG(ミクシィ)が、2vs2のマルチ対戦が可能な「ファイトリーグ」を配信開始した。

配信開始当日はガクトやタカトシなどの豪華ゲストを招いた「開幕宣言」イベントを開催。中身の無い豪華なイベントで、モンストの稼ぎをドブに捨てる。

ゲームは、シンプルなバトルを過剰な演出でリッチなゲームに見せかけてるだけで、戦略性よりもガチャで高レアを引いてぶん殴るほうが有利というシステム。

しかも特定のキャラがいれば大体勝てるというバランスの壊れっぷりで、既に爆死が決まったように思える。

ガンホーはそこまで人気がないとはいえ、パズドラ以外でもプレイできるゲームはあるが、ミクシィはモンストが絶好調とはいえ、それ以外でプレイできるゲームが全くないのが問題だよな。

Be the Best Together オマエと一緒に頂点へ!モンストを輩出したXFLAGがおくる「ファイトリーグ」とは、スマートフォンやタブレットを使って遊べる『タッグバトルエンターテインメント』ファイトリーグに参戦し、タッグで世界一を目指せ!

先週の新作ゲーム

“ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜”、”Clicker Fred”、”Jumpets”、”Kangoorun: Fly to the Moon”(6月20日)

“Wright Flyer Studios”によるダンまちのキャラゲー「ダンメモ」にハマってます。

ゲームはダンジョン探索などの機能をなくしてカジュアルにしたアナザーエデン。

ストーリーはアニメ版のストーリーをなぞるので、どうしてもストックが限られているが、その代わりキャラクエをかなり充実させてある。色々バランスの悪いところもあるが、それらについては今後のアプデに期待かな。

“プロジェクト東京ドールズ”、”Soar: Tree of Life”、”Dice Hunter: Quest of the Dicemancer”、”Race Kings”、”Diagonal Hell “(6月22日)

スクエニの新作美少女ゲーム「プロジェクト東京ドールズ」。バトルがなんかヴァルキリーアナトミアっぽいアクションRPGで、ハイクオリティなグラフィックで作られた美少女たちがボイス付きで滑らかに動きまくるアニメーションが素晴らしい。悪くはないが好みが分かれそうな世界観とゲーム性に思える。

“Dice Hunter: Quest of the Dicemancer”は6個の剣や盾のマークが付いたダイスを転がし、攻撃や防御などをしていくサイコロバトルRPG。サイコロの出目を一定回数ロックできるので、運ゲーに見えてある程度の戦略が必要になってくる。

“ファイトリーグ – Fight League”、”Dear Leader”、”STELLAR FOX”、”Flick Champions Extreme Sports”、”Astro Chimp “(6月23日)

「ファイトリーグ」上記にて紹介。北朝鮮の兵士となって、最高指導者キム・ジョンイルと王子ジョンウンの為にデーモンと戦うシューティングアクション「Dear Leader」がバカゲーとしてお薦め。

自身のキャラクターとしてジョンウンやオバマが使えるみたい。

“麻雀 りりぽんのトップ目とったんで!”、”戦国エース: :天使第1話”、”Hopeless 3: Dark Hollow Earth”、”66 Balls”、”Color Drop: Match + Paint “(6月24日)

今話題の「須藤凜々花」がボイス付きで登場する縦画面で遊べる麻雀ゲーム「麻雀 りりぽんのトップ目とったんで!」。麻雀ゲームとしてはよく出来ていて段位認定でやりこみ要素もある。果たしていつまで配信しているか気になるが、彼女のファンじゃない人なら問題なく楽しめそう。

「戦国エース」は後付けのメイン画面が一番チープで、肝心のバトルは原作そのままっぽいビジュアルとゲームバランスで十分楽しめる。

スポンサーリンク

おすすめトピック