“Ire:Blood Memory”から”ドラゴンスラッシュ”まで、2015年上半期に配信された基本無料・無料ゲームからおすすめゲームの紹介、その2。

"Ire:Blood Memory"から"ドラゴンスラッシュ"まで、2015年上半期に配信された基本無料・無料ゲームからおすすめゲームの紹介、その2。 cd07fa25
2015年上半期(1月~6月)に配信された基本無料・無料ゲームから、おすすめなゲームの紹介、その2です。

当ブログで紹介したゲームをメインに紹介していますが、かなり抜けがあるのはご了承ください。全部入れようと思ったらかなりの数になってしまうので。

※ダウンロードの際はAppStoreにて価格をご確認ください。

1.Ire:Blood Memory

ダウンロードはこちら(iTunes)から

モンハンのような重厚なバトルが楽しめるハクスラ系アクションRPG。

ダークな世界観で作られたビジュアルが格好良く、鎧や剣のSEが臨場感のあるバトルを演出してくれる。

脳筋プレイで攻略できるほど甘くはない、ガチゲーマー向けのハクスラ系アクションゲームと思う。

2.MOBIUS FINAL FANTASY

ダウンロードはこちら(iTunes)から

超絶グラフィックで作られた、ファイナルファンタジーのソーシャルアクションゲーム。

バトルはコツを掴むと単調になるが、超絶グラフィックで作られたイベントシーンが見たいために、ついプレイしてしまう。

残念なのが、これだけのグラフィックなのに登場人物はほとんど男で女性キャラクターはほぼ出ない。なのでメインヒロインはモーグリと個人的に思っている。

悪いことは言いません、ファイナルファンタジーXVのシドをゲスト参戦させましょう。と言いたいが、Appleの審査に引っかかるか。

3.ワンダーブロック

ダウンロードはこちら(iTunes)から

様々な形のブロックを枠の中にはめ込んで敵にダメージを与えていく、パズル色がかなり強いソーシャルゲーム。

ビジュアルセンスが素晴らしくゲーム以外の隠し要素もかなり多くて楽しめるが、ゲーム内容がパズルゲーム好きじゃないとキツイのでイマイチ人気がでないのが残念。

課金要素が薄いため、シリコンスタジオの売上を下方修正させた戦犯でもある。

まあ、キャラの強さより自身の頭脳が勝負のゲームなのでしょうがないが、同じシリコンスタジオのグランスフィアより人気がないのは納得いかない。

4.リトル ノア

ダウンロードはこちら(iTunes)から

国産クラクラ系の中では一番クオリティが高くて楽しめる、クラクラ系ストラテジー。

元祖クラクラと違ってレイドバトルや協力プレイ要素があり、対人戦以外でも楽しめる要素が多い。

吉田明彦氏のキャラデザに崎元仁氏の音楽が合わさった、素晴らしい世界観のゲーム。

ただ、あくまでRTS(リアルタイムストラテジー)なので、新規プレイヤーがプレイのコツを掴むまで他のプレイヤーの鴨にされるのはしょうがない。

5.ドラゴンスラッシュ

ダウンロードはこちら(iTunes)から

基本コンセプトは”Heroes Charge”だが、ヒロチャとは少し違った育成システムが楽しいRPGゲーム。

親密度100%まで上げた同ランクユニットを合成することで一つ上のランクのユニットに進化できるが、進化で手に入るユニットはランダムになっている。

なので、ゴミのようなユニットから強力なユニットが手に入ることもあれば、強力なユニットからゴミのようなユニットが手に入ることもある、何が出てくるかわからないランダム性が面白い。

ゲームもサクサク進めることができ、一度始めると止め時を見失ってしまうほどの中毒性がある。

ただGAMEVILのゲームなので廃課金推奨ゲームなのを理解した上で割りきってプレイしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク