[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k02-PostTop

“Aiming”+”FunYours Technology”によるソーシャルゲーム、”ひめがみ絵巻【ポジションちぇんじバトル/無料RPG】”の解説その2です。

この記事では、姫神の解説とプレイのコツを書いていきます。

とりあえず分かっている範囲での解説なので、新しい情報が入ったら追記していきたいと思います。 

※7月6日、魔物を追加。

ひめがみ絵巻 姫神の解説とプレイのコツ


ダウンロードはこちら(iTunes)から

可愛くセクシーな姫神たちのソーシャルゲーム、”ひめがみ絵巻”の姫神の解説とプレイのコツです。現バージョン(1.0.0)での解説になります。

ギルドやバトルなどの基本システムは、その1で解説しています。


1.姫神の種類

姫神たちは、属性とランクの他に“蓬莱”や”高天原”のような所属でも分かれている。

この所属は特定のクエストで“特攻効果”を発動することができ、特攻効果のあるクエストは“特攻姫神”のマークが付いているので確認しておこう。

また、姫神はランクが高いのが強いのは当然だがスペックやスキルがかなり尖ったものが多いので、初めにある程度クエストを進めて、クエスト開始前のフレンド選択画面である程度育った姫神のスペックを確認してからリセマラした方が良いかも。

星7で同じようなレベルでも“妲己”のようにHPと防御が高くて攻撃が低かったり“窮奇”のように攻撃だけが高かったりするし、姫神のスペックが低いけどスキルが強力な姫神もいるし。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k02-Image001


2.姫神のランクアップ

姫神のランクアップは、素材があればレベルマックスじゃなくてもランクアップできる。

素材の入手方法は通常や曜日クエストにミッションの報酬などの他に、ランクアップ画面で表示された素材をタップすることで獲得できる場所が確認できる。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k01-Image004


3.姫神のレベルアップと売却

姫神のレベルアップは、素材となるカードを経験値に変換して、その経験値を使ってレベルアップさせるシステム。

このとき、同じ属性のカードを揃えて変換すると少しボーナスが付く。

また、いらないカードを売却することもでき、星3以上のカードを売却するとお守りがおまけでついてくる。

お守りを集めると、お守り商店で姫神と交換することができる。

姫神の売却は、変換画面の右上にある“姫神売却”をタップするとまとめて売却できる。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k01-Image005


4.姫神の装備

姫神の装備は、プレイヤーレベル25になると開放される。

装備の変更は、姫神>姫神タップでデータ画面>装備をタップ、すると装備画面に変わり強化や変更をすることができる。

新しい装備に変更するときは霊貨を支払って変更し、古い装備はなくなってしまうので注意。

強化は、装備に設定してあるソケットの数だけ、強化素材を使って強化できる。

装備の強化素材は曜日クエストで手に入ることは確認済みだけど、消費スタミナが多いし敵も強いので、ある程度姫神が育ってからチャレンジすると良い。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k02-Image002

5.霊貨召還を引こう!

初めは経験値素材が大量に手に入るので合成を繰り返して金欠になると思うけど、ある程度レベルが上がってくると経験値素材が手に入りづらくなったり、レベルアップに必要な経験値量が多くて合成する回数が減って、霊貨が溜まってくると思う。

そこで、霊貨召還の10連を引こう。

思った以上に星3以上の排出率が高いので、星1~2は経験値に変換して、星3以上で既に持っている姫神が出た時は売却して“お守り”を手に入れるようにする。

霊貨は日曜の曜日クエストを周回することで、大量に手に入れることができる。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k02-Image003

6.デイリークエストをクリアしよう!

デイリークエストをクリアすると小判5枚がもらえる。ガチャ1回分なのでかなり嬉しい。

まず宝樹が揺らせることを確認したら、宝樹を揺らし、獲得した霊貨で霊貨ガチャの10連を引いて、星3以上のかぶった姫神を売却してお守りを手に入れる。

お守りを使って体力回復の1番安いのと交換する。後はシナリオやイベントを進めていけば、大体クリアできると思います。

体力回復は、体力回復のアイテムを使ってクリアになるので注意。

工房で探索枠を4つにしておくのを忘れないように。

小判ガチャは1回は引かないといけないので、小判が溜まっても最低5枚は残しておくように。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himegami_k02-Image004

7.魔物もバカにできない。

霊貨召還で手に入る魔物たち。普通は自動変換でガンガン経験地に変換してるけど意外と使えるスキルを持った魔物たちがいます。

とりあえず確保しておきたい魔物は、“キナリー”“ラクシー”

キナリーのスキルは“敵横一列に対して100%の確立でスタンさせる”

ラクシーのスキルは“100%の確立で敵単体に対して沈黙状態にする。”

どちらも、かなり使えるスキルです。

同じようなスキルを持った姫神もいるけど、強敵ボスを相手にする時はフレンドも含めてスタンや沈黙でローテーションでスキルを当てていくので、姫神1体だけじゃ足りません。

なので、育てやすくて使えるスキルを持った魔物を確保しておきましょう。

ただ、あくまで魔物なので基本スペックは姫神に劣ります。ボス戦に辿り着く前に倒される危険があるので注意しましょう。

[攻略]ひめがみ絵巻 攻略+解説その2。姫神の解説とプレイのコツ。 himekami-0706Image001

7.その他

プレイして分かったとりあえずの情報。

チームのコストに困ったら、アマテラスのような初めに選択したユニットが“コスト0”なのでサポート枠にでも入れておくとコストを節約できる。

チーム編成は属性とタイプが偏らないようにする。

クエストを進めると敵も2属性で出てくるので同一属性だと厳しくなってくるし、前衛・後衛タイプもどちらか一方に偏るとパッシブスキルの効果が薄くなってしまう。

なので、メインで育てているユニットを軸に、属性とタイプを考えながらパーティー候補のユニットを育てていこう。

万象の書から移動できる図鑑では、獲得したことのある姫神+魔物のちびキャラのアクションを見ることができる。特攻姫神の所属が分からない時も、図鑑で簡単に確認できる。

しかし、毎日課金ガチャが引けるのは良いが、経験値も進化素材も全然足りない。

しかも、イラストが好きで始めたので、かぶり以外はキープしてしまう。

姫神枠も一杯になってきたので育成に専念するかという時に限って、ショウキを引き当てまた育成に悩む。

何を優先的に育てるべきか…。

ちょっと画像の枚数が多くなったので現在の手持ちの姫神達をTumblrで公開。ゲームと関係ないことも書いてるけど気にしないでください。

関連リンク

ダウンロードはこちら(iTunes)から

ひめがみ絵巻 公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク